アグ アウトレット ニューバランス1400 モンクレール ダウン 店舗 ニューバランス レディース ugg 通販 モンクレール ジャパン アウトレット
西岡神宮 熊本県宇土市神馬町577
TEL 0964-22-1824
FAX 0964-27-7160







西岡神宮由緒

当神宮は 人王四十三代元明天皇の和銅六年(七一三)諸国郡郷割定の
時勅願創建の社で春日 住吉両社を中原(壇原)に国郡鎮護を祈るため
勧請せされここに御鎮座 社内は東西三町、南北二町半であった 
三六六年後の後冷泉院の永承三年 中関白道隆宇土鶴之城を築く時 
八幡宮を添え三宮大明神と云い およそ千三百年の歴史をほこる 


御 祭 神

一之宮 〈春日大神〉
主祭神 
天児屋根命(あめのこやねのみこと)を祀る

二之宮 〈八幡大神〉
主祭神 
誉田別尊命(ほんだわけのみこと) (十五代應神天皇)を祀る

三之宮 〈住吉大神〉
主祭神 
中筒男命(なかつつのおのみこと)
表筒男命(うわつつのおのみこと)
底筒男命(そこつつのおのみこと)
の三柱を祀る


祭日は中(なか)九日(十月十九日)例大祭(れいたいさい)
三社の御神輿(おみこし)にて轟水上に御神幸 庄官十二人 隋兵百二十人
能七番 流鏑馬(やぶさめ)九度 相撲十二番 御供え百二十膳あり
代々宇土城主菊池十一代 伯耆(ほうき)六代大祭には必ず参加あり


其の後小西行長(こにしゆきなが)城主となり 神佛をきらい社寺を焼く
その時 綸旨(りんじ)注物記 縁記等も悉く焼く
当時の神主三社の御神体及び神剣を奉じ山中に十有余年隠れてありしも
加藤清正公 社屋敷六反を現在の地に寄附社殿を建立し御神体をむかへられたり 
以後細川家より再建補修され現在に至るも
御祭禮の呼物 馬追い 流鏑馬 獅子舞は細川時代に始まり
二百数十年の伝統を以って現在に至る
(獅子舞は県の無形文化財指定)