西岡神宮 熊本県宇土市神馬町577
TEL 0964-22-1824
FAX 0964-27-7160




着帯の祝いと安産祈願
誕 生
お七夜と命名
初宮参り
七 五 三
入学・卒業・就職の奉告
成 人 式
神前結婚式
厄年・年祝い
結婚記念日




人生儀礼

【着帯の祝いと安産祈願】

子宝に恵まれたことを神様に感謝し、妊娠5ヶ月目の戌の日に着帯の祝いをします。
戌の日が選ばれるのは、犬の安産にあやかるためといわれ、
妊娠は赤ちゃんが丈夫に育つようにと、『岩田帯』をしめます。
そして、母体の安全と赤ちゃんの健康無事を願って安産祈願をします。


【誕 生】

◇ 産湯(うぶゆ)
赤ちゃんが生まれるとすぐに産湯をつかわせます。
産湯は氏神さまがお守り下さるその土地の水を使いました。
その産湯で赤ちゃんを清めることで、氏神さまの産子となると信仰されてきました。
◇ 産着(うぶぎ)
産湯をつかわせた後、赤ちゃんを袖や紐のないおくるみにくるみます。
生後3日目になると、お祝いをして袖のある産着を着せます。


【お七夜と命名】

赤ちゃんの名前は、誕生後7日目のお七夜に付けるのが習わしです。
名前は、赤ちゃんにとって一生の大切なものですから、
神社にお願いして神様から授けていただくのもよいでしょう。
赤ちゃんの名前は、半紙などに書いて神棚に供えます。


【初宮参り】

お宮参りは、赤ちゃんを氏神さまの氏子として認めていただく意味があります。
赤ちゃんが初めて神社にお参りして、神様の御加護のもとに無事成長したことを感謝し、
健やかな成長を祈ります。
男子は生後31日目女子は生後33日目にお参りするのが一般的ですが、
体の抵抗力の少ない赤ちゃんのことですから、あまり日数にこだわらず、
温かい日や天気のよい日を選んでお参りするのもよいでしょう。
◇ お食初め(おくいぞめ)
生後100日目頃に食膳を用意して、赤ちゃんに食事を食べさせるまねをします。
お食初めには、赤ちゃんが一生幸福に育ち、食べるものに困らないようにという、
親の願いが込められています。
食膳には赤飯のほかに、鯛などの尾頭付きの焼魚が付けられますが、
赤ちゃんの頭が早くしっかりするようにとの意味があります。


【七 五 三】

11月15日を中心に、3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が晴着を着て神社にお参りし、
成長を神様に感謝し、これからの無事を祈ります。
七五三を終えて、晴れて一人前として扱われるようになりました。
七五三は、子供の年祝いをする古くからの風習に由来するもので、
それぞれお祝いが行われました。
3歳『髪置(かみおき)』男女児 この日を境に髪を伸ばし始めました。
4歳『紐解(ひもとき)』男女児 西日本を中心にこの辺りでも行われています。
5歳『袴着(はかまぎ)』男 児 この日を境に袴を着け始めました。
7歳『帯解(おびとき)』女 児 それまで付紐で着ていた着物から帯でしめる着物にかえました。


【入学・卒業・就職の奉告】

成長に合わせた人生儀礼の他に、入学・卒業・就職など生活環境が変わるときも、
人生の大きな節目です。この折には、神社に参拝して無事に過ごせるようにお願いします。


【成 人 式】

1月の成人の日(第2月曜日)に、20歳になった男女が神社にお参りして、
無事に大人の仲間入りができたことを奉告し、お祝いをいます。
成人とは、ただ年齢的に20歳に達したからというものばかりではなく、
自分の行動すべてに責任を持たなければならない立場になったことを祝い、
自覚する節目でもあります。


【神前結婚式】

結婚式は、人生儀礼の中でも最も晴れやかなものです。
神様のおはからい(御神縁 ごしんえん)によって結ばれた二人が、
神様の前で苦楽をともにし、明るく楽しい家庭を築き、
子孫の繁栄をはかることを誓い合います。
神前結婚式というと、多くの人は三三九度を、女性ならば白無垢・綿帽子・角隠しを
思い浮かべることでしょう。
神に仕える衣装は、清浄感に満ち溢れた白が使われてきたことから、
神様の前で結婚式をあげる時にも、白い衣装が用いられることになったようです。
綿帽子や角隠しは、神職がかぶる冠や烏帽子(えぼし)と同じように、
神様の前に出るときのかぶりものの一種です。


【厄年・年祝い】

◇ 厄年(やくどし)
厄年とは、災難や障りが身に降りかかりやすい年のことです。
厄年を迎えると、神様の御加護をいただいて災厄が身に振りかからないよう、
神社にお参りして厄祓(やくばらい)をします。
数え年で男性は25歳42歳61歳 女性は19歳33歳37歳
厄年にあたり、その前後を前厄(まえやく)・後厄(あとやく)と言います。
◇ 年祝い(としいわい)
祖父母や両親をはじめ、家族のものが、ある一定の年齢に達するとお祝いをします。
これを年祝いといいます。お祝いの仕方は地方によって様々ですが、
次のようなものがあります。

●61歳(還暦 かんれき)
●70歳(古稀 こき)
●77歳(喜寿 きじゅ)
●80歳(傘寿 さんじゅ)
●81歳(半寿 はんじゅ)
●88歳(米寿 べいじゅ)
●99歳(白寿 はくじゅ)
●100歳(上寿 じょうじゅ)
●108歳(茶寿 ちゃじゅ)
●111歳(皇寿 こうじゅ)


【結婚記念日】

夫婦ともどもに、健康で仲睦まじく過せたことを神様に感謝し、
心新たにこれからも二人で力を合わせ、よい家庭を築いてゆくことを誓いお祝いする機会です。

一般的な記念日として次のようなものがあります。

●紙婚式(満1年)
●木婚式(満5年)
●錫婚式(満10年)
●水晶婚式(満15年)
●陶器婚式(満20年)
●銀婚式(満25年)
●金婚式(満50年)
●金剛石婚式(満75年)


この他に真珠婚式、緑玉婚式、紅玉婚式という記念日もあります。